相続の基本として、遺産を相続できるのは誰でしょうか?

相続人となるには、被相続人との関係が重要になります。

相続というのは亡くなった人が所有していた財産を引き継ぐ事をいいます。 誰が相続人となるかは、民法できちんと決まっています。

目次

法定相続人になる順位

相続では、亡くなった人のことを被相続人、財産を受け取る人を法定相続人、または相続人といいます。

相続人になれるのは、被相続人の配偶者、子供(直系卑属)、父母(直系尊属)、兄弟姉妹(傍系血族)です。
ただし、すべての血縁関係者が相続人になれるわけではありません。その中で優先順位がしっかり決められています。

被相続人の配偶者は、順位に関係なくどんな場合でも相続人になります。
それ以外は、第1位順位が子供、第2位順位が父母、第3位が兄弟姉妹になります。
ただし、上位の相続人がいる場合は、下位の人は相続人にはなれません。第1位順位が子供がいる場合は、第2位順位が父母、第3位が兄弟姉妹は相続人にはなれません。

子供がいない場合、第2位順位の父母が配偶者とともに相続人となります。父母も死亡している場合、第3位の兄弟姉妹が配偶者とともに相続人となります。


被相続人に配偶者も特別縁故者もなく、遺言もない場合、財産は国庫に入ります。

被相続人に配偶者がいる場合は、配偶者が常に相続人になり、子供がいる場合は、子供も相続人になります。

被相続人が独身で子供もいない場合は、第2位順位の親が相続人となり、両親が死亡している場合は、祖父母が相続人になります。祖父母も死亡している場合は、兄弟姉妹が相続人となります。

相続・遺言の無料相談受付中

相続・遺言サポートin静岡サイト

相続手続きや遺言書作成についてのご相談を承っています。
ご相談者様のお話をじっくり聞いて、他の専門家と連携して面倒なお手続きをサポートさせていただきます。

どこに相談していいのかわからないといった方は、まず当事務所の初回無料面談相談をご利用ください。無料でも丁寧にご相談に対応させていただきます。
ご相談面談のご予約は、お電話(054-204-1980)でお気軽におかけ下さい。
下記から専門サイトにリンクしています。